☆☆コミュニティサイトとの格闘-葛藤-憂鬱を綴る☆☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ネット渋滞」対策で通信量制限
2008年03月03日 (月) | 編集 |
「接続業者の4割、「ネット渋滞」対策で通信量制限」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080303-00000005-yom-bus_all

インターネットを流れる情報量が増えて通信速度が遅くなる「ネット渋滞」を緩和するため、インターネット接続業者の約4割が一部利用者の通信量を制限していることが、日本インターネットプロバイダー協会などの調査でわかった。

 利用制限は、回線を長時間つなぎっ放しで動画など大量のデータをやりとりする「ヘビー・ユーザー(大量利用者)」が対象だ。しかし、回線などの整備は通信量の急増に追いついていない。今後、動画の視聴が広がれば制限対象が広がって不満が拡大しかねず、対応が急務となっている。

 インターネットの利用制限は、接続業者が大量利用者の回線を流れる情報量だけを制限したり、送受信の優先順位を遅らせたりして行われている。

 調査は昨年11月後半、同協会が電気通信事業者協会など4団体を通じてアンケート形式で実施した。

 回答した276社のうち69社が自社の回線で利用制限を行っており、こうした事業者から設備を借りている事業者を含めると計106社が利用制限を実施していた。さらに29社が「検討中」と答えた。制限の実施、検討の理由は「利用者間の公平性確保」が5割強で最も多く、「サービスの質確保」も2割弱あった。

 接続業者などは、通信量が一定以上になると利用を制限する場合があることを、あらかじめ利用契約時の約款に明記している。このため、利用制限そのものは違法ではないが、制限を実施している69社のうち26社が大量利用者などから「通信速度が遅くなった」などの苦情を受けていた。

 一方、69社のうち64社は「全体の通信速度が改善した」「一般利用者からの苦情が減った」など、効果があったと答えていた。


プロバイダの約4割程度ですが通信速度確保のため、動画の共有サービスなどの、

ヘビーなユーザーに対して、帯域を制限しているらしいです。

この流れに乗るプロバイダもいるでしょうから、この流れはこれから先も広がっていくんでしょうね。

俺には大して関係ないけど...........
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。