☆☆コミュニティサイトとの格闘-葛藤-憂鬱を綴る☆☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MS1月の月例パッチを公開
2008年01月09日 (水) | 編集 |
「マイクロソフトが1月の月例パッチ2件を公開TCP/IP関連の脆弱性など」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080109-00000009-imp-sci

マイクロソフトは9日、1月の月例セキュリティ更新プログラム(パッチ)2件を公開した。修正する脆弱性の最大深刻度は、最も高い“緊急”が1件、2番目に高い“重要”が1件となっている。

 最大深刻度が“緊急”の「MS08-001」は、TCP/IPに関する2件の脆弱性を修正する。脆弱性はIGMPv3およびMLDv2に関するものとICMPに関するもので、脆弱性が悪用された場合には任意のコードを実行させられる危険がある。脆弱性情報は非公開でマイクロソフトに報告されているため、悪用方法などは現時点では一般に公開されていない。

 脆弱性の深刻度はOSによって異なり、Windows Vista/XPでは最も高い“緊急”、Windows Server 2003では2番目の“重要”、Windows 2000では3番目の“警告”とされている。

 最大深刻度が“重要”の「MS08-002」は、LSASSの脆弱性によりローカルで特権が昇格される問題を修正する。影響を受けるOSはWindows XP/2000およびWindows Server 2003で、深刻度はどのOSでも“重要”。Windows Vistaはこの脆弱性の影響を受けない。この脆弱性についても、情報は非公開でマイクロソフトに報告されているため、悪用方法などは現時点では一般に公開されていない。


「2008 年 1 月のセキュリティ情報」
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms08-jan.mspx

忘れずに適用しましょうね.......
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Microsoftが1月の月例パッチについて事前通知した。 ☆引用記事:1月のMS月例パッチ、9日に2件を公開 (ITmedia) 米Microsoftは1月8日(日本時間9日)、2件の月例セキュリティ更新プログラムをリリースする。事前通知で明らかにした。 更新プログラム2件のうち1件..
2008/01/09(水) 17:36:54 | IT最新ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。