☆☆コミュニティサイトとの格闘-葛藤-憂鬱を綴る☆☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスクとドライブの区別ができないアフォ
2007年11月28日 (水) | 編集 |
答えてねっとより.......
「フロッピーディスク、今後も使いますか?」
http://www.kotaete-net.net/Default.aspx?pgid=14&qid=60228741935

質問内容......

部屋の掃除をしていたら、数年前に使っていたフロッピーディスクがたくさん出てきました。
もちろんお金を払って買ったものですが、今後必要になることってあるのでしょうか?

「こういう時のために置いておいた方がいい!」

ということってありますか?

処分する前に皆様の”必要経験談”みたいなのがあれば教えて欲しいです。


回答7.......ドアを開けろ

現時点における必要度とここ数年間は利用した記憶も無い・・・で、いらないから外してしまうと言うのは余りにも物事を単純に考え過ぎている様な発想ではないのかな?と、私は思います。
一年中HDDが無事であるとか、あるいはデータのバックアップ用として使用している外付HDDも故障しないとも限りません。あるいは光学ドライブとして普段から常用しているDVDマルチドライブとかでしたって故障しないとも限りません。USBフラッシュメモリ等にしても同様です。
その様な場合に普段全く使用していない、利用もしていない、不用に思える様な存在であってもいざと言う場合に選択肢として存在していてくれれば役にたつ場合もあります。
その数少ないケースとしてのFDDが役にたつ場合の例は他の回答者の方々がお示しになられている様な場合に使える・・時もあると言う事で残して置くべきかも?と、私も思いますけど。


フロッピーディスクとフロッピーディスクドライブの区別もつかない、ドアを開けろです。

フロッピーディスクドライブをたくさん持ってるやつがいたら気持ち悪いわ.......
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。