☆☆コミュニティサイトとの格闘-葛藤-憂鬱を綴る☆☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信頼できる物を選ばないと.......
2007年09月19日 (水) | 編集 |
「現代のウイルス対策ソフト、過去のウイルスに対処できず」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070919-00000049-zdn_ep-sci

ドイツで販売されたMedionのノートPCが、1994年に見つかったブートウイルス「Stoned.Angelina」に感染していた問題で、現代のウイルス対策ソフトの中にはこのウイルスを適切に処理できない製品が多数あることが判明した。セキュリティ企業のSunbelt Softwareがブログで報告している。

 Sunbeltが行った実験では、Stoned.Angelinaに感染したフロッピーディスクをAドライブに挿入したままPCを起動する方法で、Windows XP SP2とWindows Vistaを搭載したPCを同ウイルスに感染させることに成功した。

 Stoned.AngelinaはWindows Vistaで「非常にうまく機能する」ことも判明。システムが感染した後もブートは可能で、ブートセクターが変更されたにもかかわらず、Windows Vistaで警告メッセージなどは何も表示されなかったという。

 次に、ドイツ語版のWindowsと主要メーカーのウイルス対策ソフト10製品を使ってテストを実施。その結果、Windows XPとVistaでStoned.Angelinaをちゃんと検出・削除できたのは3製品のみだった。

 残りの製品では、Stoned.Angelinaを検出できても削除できなかったり、削除した後にVistaが起動できなくなるなどの問題が発生。問題のノートPCにプリインストールされていた対策ソフト「BullGuard」は当初、このウイルスの削除ができなかったが、後にアップデートで対処したという。

 「Microsoft OneCare 1.6」の場合、ディスク上のブートウイルスはまったく検出できず、システムが感染しているという警告さえ表示されなかったという。

 この実験を踏まえSunbeltでは、このような過去のブートセクターウイルスが現代のウイルス対策ソフトで対処できない問題は、議論の余地があると指摘している。


色々なウイルス対策ソフトがありますが、信頼できるものを選ばないといけません。

値段が安くても、検出、駆除、検疫できなければ入れてる意味がありませんからね。

昔からある、老舗のウイルス対策ソフトがやっぱり良いように思います...........私はね。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。