☆☆コミュニティサイトとの格闘-葛藤-憂鬱を綴る☆☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

+Lhaca新たな修正版をリリース
2007年07月03日 (火) | 編集 |
「修正したばかりの+Lhacaにまた脆弱性、新たな修正版をリリース」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070702-00000019-zdn_ep-sci

このほど脆弱性が指摘され、修正版が公開されたばかりの圧縮・解凍ソフトウェア「+Lhaca」に新たな脆弱性が発見された。

 発見された脆弱性は、修正版として公開された「+Lhaca Version 1.21」に存在するもので、スタックバッファオーバーフローを引き起こす可能性がある。この脆弱性を悪用したLZH圧縮ファイルを処理すると、アプリケーションをクラッシュさせたり、任意のコード実行が可能になるという。

 研究者からの報告を受けて、+Lhacaの作者はこの脆弱性を修正した「+Lhaca Version 1.22」を公開した。だがVersion 1.22にはテスト用コードが残っていたためにファイルが解凍されないケースがあり、これを修正した「+Lhaca Version 1.23」を7月1日に公開している。

 作者によれば、Version1.20や1.21での脆弱性は1.23では存在せず、動作確認を終えた後に正式版にするという。


お使いの方は、こちらから最新版をダウンロードしてインストールしましょう。
http://park8.wakwak.com/~app/Lhaca/overflow.html
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。