☆☆コミュニティサイトとの格闘-葛藤-憂鬱を綴る☆☆
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Microsoft 2011年6月の月例パッチ公開
2011年06月15日 (水) | 編集 |
6月の月例パッチが公開されています。

適用を忘れずに行いましょう.......

「2011年 6月のセキュリティ情報」
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms11-jun.mspx
スポンサーサイト
Windows 7の発売予定
2008年06月26日 (木) | 編集 |
GIGAZINより.......

「マイクロソフト、最新OS「Windows 7」の発売予定時期を正式に表明」
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080626_windows_7/

2010年1月に発売する予定だそうです。

これで益々XpからVistaに乗り換える人が少なくなりそう.......あと一年半ですからね。
やっと公表ですか
2008年05月17日 (土) | 編集 |
「XP SP3適用でエンドレス再起動の原因判明、マイクロソフトが公表」
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/05/16/19586.html

Windows XP Service Pack 3(SP3)をインストールした一部のAMD製CPU搭載コンピュータで再起動を繰り返す不具合が発生していた件で、マイクロソフトは16日、詳細と原因を明らかにした。

 今回の不具合は、Intel製CPU搭載コンピュータで作成したWindows XPのイメージが、非Intel製CPU搭載コンピュータで展開されている環境で起こりうるという。多くのPCには、メーカー側でシステム準備(Sysprep)ツールを使って作成したイメージが含まれているが、不具合が発生する環境下でSP3をインストールすると、元のSysprepイメージのレジストリキーが残っているために、Intelプロセッサドライバ(intelppm.sys)が読み込まれることで不具合が起こるという。

 15日に掲載されたMicrosoft Update Product Teamの公式ブログによれば、AMD製CPU搭載コンピュータでintelppm.sysが読み込まれるとブルースクリーンになり、再起動が繰り返されると説明している。なお、Microsoftは現在、影響のあるシステムに対してWindows Update経由でSP3を提供することを防ぐ施策を検討中。その上で、初夏をめどにSP3の自動配布も計画しているという。

 Microsoftでは、今回の不具合の影響を受けたユーザーに対しては、サポートセンターに問い合わせてほしいとしている。なお、国内での問い合わせ件数については、「来ているか来ていないかも含めてまだ把握していない」(マイクロソフト広報部)としている。


マイクロソフトのサポート技術情報
「Intel 以外のプロセッサを搭載したコンピュータで Windows XP Service Pack 2 または Service Pack 3 にアップグレードすると、エラー メッセージ "Stop 0x0000007E" が表示される 」
http://support.microsoft.com/kb/888372/
原因特定まで時間かかりますなぁ.......

Microsoftさんへ............検証ぐらいちゃんとやれよな。
Windows XP SP3 配布開始
2008年05月07日 (水) | 編集 |
「マイクロソフト、Windows XPのアップデートプログラム“SP3”を公開」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080507-00000009-imp-sci

マイクロソフト(株)は6日、Windows XP用のアップデートプログラム“Service Pack 3”(以下、SP3)を公開した。現在、Windows Updateから約68.4MBの差分ファイルをダウンロードできる。また同社のダウンロードセンターでは約325.6MBのフルパッケージが用意されているが、こちらはシステム管理者や開発者向けとなっており、個人でのダウンロードに関してはWindows Updateの利用が推奨されている。

 同社では当初4月30日の一般公開を予定していたが、互換性の問題が発覚したことにより急遽公開を延期していた。なお同社によると、Windows Updateによる自動更新での配布は、2008年の夏以降を予定しているとのこと。

 SP3では、これまでに発見された不具合やセキュリティ問題を修正するアップデートプログラムをすべて収録しているほか、Windows Server 2008の“Network Access Protection(NAP)”との連携に対応した。また、すでに公開されているSP1やSP2の内容も含まれているため、インストール済みのSPを削除したり、事前にSP1、SP2を別途インストールする必要はない。

 なお、2004年に公開されたSP2ではセキュリティ面が強化され、いくつかの新機能が追加されるといった大規模なアップデート内容だったが、SP3ではパフォーマンスや安定性の向上がメインとなっており、前述したNAPとの連携以外に大きな新要素はない。


早速、会社の私のPC2台にインストールしてみましたが、問題なくインストールできました。

「IT プロフェッショナルおよび開発者用 Windows XP Service Pack 3 ネットワーク インストール パッケージ」
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=5b33b5a8-5e76-401f-be08-1e1555d4f3d4
Windows XPのサポート
2008年05月01日 (木) | 編集 |
「Windows XPのサポートはあと6年――Microsoftが改めて説明」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/01/news006.html

Windows XPは6月30日に販売終了するが、サポートは少なくとも6年間続く――米Microsoftが同OSの今後について改めて説明した。

 同社は、XP販売終了をめぐってユーザーの間で混乱が起きており、一部ではXPのサポートが終了するという誤解も生まれていると指摘。こうした混乱を解消するため、今後のサポート状況についてSupport LifeCycleブログで説明した。

 Windows XPは6月30日にPCメーカーおよび小売業者向けの販売が終了する。その後、Microsoftのサポートライフサイクル方針に従い、無償サポートが利用できるメインストリームサポート期間は2009年4月14日まで、延長サポート期間は2014年4月8日まで続く。セキュリティ更新プログラムの配布は延長サポート終了まで続く。

 また6月30日に終了になるのはPCメーカーと小売業者向けのWindows XPの販売で、システムビルダー向けの販売は2009年1月31日まで行う。さらに低価格モバイルPC向けのWindows XP Homeエディションは、メーカー向けの販売を2010年6月30日もしくは次期Windows発売の1年後まで続ける。


あと何年、我家のWindows XPマシン3台はがんばってくれるのだろうか.......

そっちのほうが心配.......
Windows XP SP3の公開が延期
2008年04月30日 (水) | 編集 |
「Windows XP SP3の公開が延期、互換性問題で」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080430-00000012-imp-sci

米Microsoftは29日、予定していたWindows XP Service Pack 3(SP3)の公開を延期したと発表した。

 Microsoftによれば、Windows XP SP3およびWindows Vista SP1と、小売店管理システムの「Microsoft Dynamics Retail Management System(RMS)」との間に互換性の問題が発見されたため、Windows XP SP3の公開を延期したとしている。Windows XP SP3は、米国時間4月29日から一般向けに提供の予定とされていた。

 Microsoftでは、Microsoft Dynamic RMSをインストールしているユーザーにサービスパックが配信されないようフィルタリングの設定を行なった後、Windows XP SP3を公開する予定としている。


延期になっちゃったようですねぇ.......

こんな情報こそ「答えてねっと for ACE」なんかに情報として乗せてほしいですよね。

存在している意味が全然無いし.......

最初からだけど、閑古鳥鳴いてるし.......
Windows XP SP3を4月29日にリリースへ
2008年04月22日 (火) | 編集 |
「Microsoft、Windows XP SP3を4月29日にリリースへ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080422-00000047-imp-sci

米Microsoftは21日(現地時間)、開発者向けフォーラム「TechNet」上にて、Windows XPのService Pack 3(SP3)がRTM(Released To Manufacturing)になったことを明らかにした。

 SP3の完成に伴い、OEMと企業向けユーザーに順次提供を開始。また、一般ユーザーに対してはダウンロードセンターとWindows Updateを通じて4月29日(同)に提供開始。自動更新による配布は2008年夏以降を予定している。

 SP3は、SP2以降にリリースされたセキュリティアップデートやホットフィックスなどを含んでおり、性能や安定性、セキュリティなどを向上させる。機能面では新たにブラックホールルーターの発見やNAP(Network Access Protection)などが追加される。


取りあえず、リカバリーもしてスッキリしてるから、出たらサッサと

インストールしてみよーっと
「Windows 7」は来年にも登場?
2008年04月07日 (月) | 編集 |
GIGAZINより.......
「マイクロソフトの新OS「Windows 7」は来年にも登場へ」
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080407_windows_7/

ちゅうことらしいのですが.......

と、言う事は、WindowsXPを使ってる方の大半の乗り換えるOSはWindows 7になりそう.......

と、言う事は、Windows VistaはWindows Meと同じような運命を辿るのでしょうか.......

Vistaって、単なる中継ぎのOSのような気がしてきた。
Windows Vista SP1
2008年03月19日 (水) | 編集 |
「ついにWindows Vista SP1の無料タウンロード開始」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080319-00000002-rbb-sci

マイクロソフトは19日、Windows Vista Service Pack 1(SP1)の配布をダウンロードセンターにて開始した。現時点では、日本語/英語/フランス語/ドイツ語/スペイン語の5言語対応版のみ用意する。

 SP1は、570以上の更新プログラムを含み、「対応デバイス」「アプリケーション互換性」「バッテリー寿命」「セキュリティ」「信頼性」「パフォーマンス」の6分野で機能を強化している。主な新機能として、DirectX 10.1対応や、64ビット版でのUEFI対応のほか、Blu-ray Disc/HD DVDドライブのアイコンを追加している。

 日本語版のダウンロードサイズは434.5MB。なお、Windows Update 経由でインストールする場合は、いくつかの更新プログラムを事前にインストールする必要があるとしている。


明日にでもSP1を適用しようかな...........と思っています。

ダウンロードはこちらから.......
「Windows Vista Service Pack 1 (5 言語用スタンドアロン版)」
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=b0c7136d-5ebb-413b-89c9-cb3d06d12674&DisplayLang=ja

「Windows Vista Service Pack 1 for x64-based Systems (5 言語用スタンドアロン版) 」
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=874a414b-32b2-41cc-bd8b-d71eda5ec07c&DisplayLang=ja

Windows Vista SP1
2008年02月06日 (水) | 編集 |
「Vista SP1 日本語版の開発が完了」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080206-00000034-inet-sci

マイクロソフトは2008年2月5日、米国時間2月4日に「Microsoft Windows Vista Service Pack 1 日本語版」(Windows Vista SP1)の開発が完了した、と発表した。

Windows Vista SP1 には、Windows Vista 発売以降に修正された500以上の更新プログラムと、対応デバイスの拡大、アプリケーション互換性、バッテリ寿命期間の改善、セキュリティ強化、信頼性とパフォーマンス向上など、ユーザーからのフィードバックをもとに開発された機能強化が含まれている。

さらに、ファイルのコピー、シャットダウン時間、および休止状態からの復帰時間の短縮などの改善と、Windows BitLocker ドライブ暗号化マルチボリューム/マルチ ファクター機能、生体認証によるスマートカードログオン機能などが追加された。

Vista SP1 は3月中旬から、Microsoft ダウンロード センターサイト、Windows Update で、企業向けには Windows Server Update Services(WSUS)で配布され、4月中旬以降は自動更新される予定。


いよいよVista SP1が出るようです。

どれくらいパフォーマンスが向上してるのか楽しみ。

配布されたらすぐインストールしてみようと思う.......
IE7の自動更新に関する告知サイト
2008年02月04日 (月) | 編集 |
Microsoft IE7の自動更新に関する告知サイトが開設されました。

こちらです...........↓↓↓
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/ie/au/default.mspx

MS、IE6で発生する不具合のパッチを公開
2007年12月22日 (土) | 編集 |
「MS、月例パッチを適用したWindows XPのIE6で発生する不具合の修正パッチを公開」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071221-00000055-imp-sci

Microsoft Corporationは20日、12月12日に公開されたWindowsの月例パッチに含まれる「Windows XP 用 Internet Explorer 7 の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB942615)」の適用後、IE6でWebページを表示しようとすると強制終了してしまう不具合を修正するパッチ「Update for Internet Explorer for Windows XP Service Pack 2 (KB946627)」(以下、KB946627)を公開した。現在、同社のダウンロードセンターからダウンロードできるほか、“Windows Update”や“Microsoft Update”の“カスタム”ボタンを押すと表示されるリストから適用することが可能。

 強制終了の不具合は「Sleipnir」「Grani」「Lunascape」といったIEコンポーネントを利用したWebブラウザーにも影響するが、同様にKB946627を適用することで修正可能。また、「Sleipnir」などを公開しているフェンリル(株)の開発者ブログでは、同社ソフトにおける本不具合の影響などについて、詳しい情報を公開している。


該当する方は早めに適用しましょう。

ダウンロードはこちらから.......
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=cc096493-367d-4d28-80ab-2a70139ae839&DisplayLang=ja

フェンリル(株)の開発者ブログはこちら.......
http://www.fenrir.co.jp/blog/2007/12/internet_explorer_6_2_1.html
IE7自動更新よる配布開始日
2007年12月19日 (水) | 編集 |
「IE7日本語版、自動更新よる配布開始は「2008年2月13日」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071218-00000058-imp-sci

マイクロソフトの技術情報などを提供するWebサイト「TechNet」において、Internet Explorer 7(IE7)日本語版の自動更新による配布予定日が「2008年2月13日」と伝えられた。

 現在、TechNetの「Internet Explorer 7の自動更新による配布」ページでは、Windows UpdateやMicrosoft UpdateなどによるIE7の配布予定日として、日本語は「2008年2月13日」と記載されている。なお、この配布予定日が公表された時期について、現時点ではマイクロソフトに確認がとれなかったが、ページ自体の最終更新日は2007年12月17日となっている。

 マイクロソフトは当初、IE7の自動更新による配布開始時期について、IE7正式版のリリースから半年後となる2007年5月以降とアナウンスしていた。しかし、何度か変更があって先延ばしとなっており、9月に入ってからはTechNetで「2008年以降(詳細な予定日は後日公開)」と表記していた。


Internet Explorer 7 の自動更新による配布

だそうです.......
Windows Vista SP1 RC
2007年12月13日 (木) | 編集 |
情報を頂きましたので...........記事に

「マイクロソフト、「Windows Vista SP1 RC」を一般公開」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071212-00000037-imp-sci

マイクロソフトは12日、「Windows Vista Service Pack 1(SP1)」のリリース候補版(RC)を、マイクロソフトのダウンロードセンターを通じて公開した。インストールパッケージは日本語を含む5カ国語対応版と36カ国語対応版の2種類があり、それぞれに32ビット版と64ビット版が用意されている。ダウンロードサイズは5カ国語対応版(32ビット版)で436.3MB。

 Windows Vista SP1は、セキュリティ修正パッチや各種の更新プログラム、新しいハードウェアのサポートなどをまとめて提供するパッケージ。安定性や互換性の向上、パフォーマンスの改善などが行なわれるほか、Direct3D 10.1のサポート、拡張ファイルシステム「exFAT」のサポートなどの新機能も追加される。

 Windows Vista SP1 RCは、2008年第1四半期後半にリリースされる予定のWindows Vista SP1の正式版に向けた候補版という位置付けで、利用期限は2008年6月30日まで。実環境ではなくテスト用の環境にインストールすることが推奨されている。

 Windows Vista SP1 RCは、12月5日に一部ユーザーに限定した形で配布が開始され、6日にはTechNetとMSDNのユーザー向けに公開されたが、今回の公開により誰でもWindows Vista SP1 RCのダウンロードが可能となった。

Windows Vista Service Pack 1 RC(5カ国語版)

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=2fa54665-7716-47d9-b9b7-5cfdf71198cb&DisplayLang=ja

Windows Vista Service Pack 1 RC for x64(5カ国語版)

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=88128a77-6107-46df-89d8-b93c248496e3&DisplayLang=ja


※注意

RC版はあくまでも評価のためのバージョンですので、評価を目的としない実運用(使用)に

適用するのであればお勧めしません。正式版リリースを待ったほうが無難です。

熱湯なんかでも、適用して障害が出ての質問がありそうな悪寒。
Vista3つのパッチを今週公開
2007年11月14日 (水) | 編集 |
「Microsoft、Vistaの安定性を改善する3つのパッチを今週公開」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071113-00000011-imp-sci

米Microsoftは、Windows Vista向けに3つのパッチを今週中に公開する。Windows Updateを通して、13日(米国時間)にリリースする予定だ。Windows Vistaの公式ブログで12日、明らかにした。

 それによれば、1つ目のパッチは、モバイル機器のバッテリー寿命の拡張、ワイヤレスネットワークサービスの安定性の改善、活動停止から復旧までの時間短縮などにつながる。

 2つ目のパッチは、USBコアコンポーネントに関するアップデートで、主にスリープ状態および休止状態から再開するシステムを修正する。このパッチは、同社に寄せられる異常終了報告のうち1~2%を占める不具合を修正するものだという。

 3つ目のパッチは、Windows Media Centerに関するアップデートで、主にMedia Center Extenderに関連する問題を解消する。具体的には、Xbox 360がMedia Center Extenderとして使用される場合、Media Center PCとXbox 360の間で発生する問題を修正する。

 Microsoftによれば、これらのパッチによるアップデートは、2008年第1四半期にリリースされる予定のWindows Vista Service Pack 1(SP1)にも含まれるとしている


だそうです。

私にはあまり関係の無い部分のアップデートですが.......

取り合えず出たらインストールしてみます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。